どんなところに注意したらいい?屋上緑化のポイント

投稿日: 作成者: admin

屋上緑化するときのポイント

ヒートアイランド現象の緩和効果として期待できるのが、屋上緑化です。屋上に植物を植えることを言いますが、夏場の温度上昇を軽減し、冬場は建物を保温することで省エネ、建物を紫外線から保護する効果、空気の清浄化など様々なメリットがあります。

そんな屋上緑化を取り入れるときのポイントとしては、積載荷重には十分注意することがポイントです。

屋上に乗せられる重ワニは制限があるため、緑化するときの建物の用途と緑化したい範囲などを考慮して建物の積載荷重の条件を満たしてから施工することが必要となります。

また、防水も重要なポイントです。建物の規模や構造、緑化の範囲、屋上の用途などを総合的に考えて防水していき、同時に排水もきちんと行うことが大切です。

屋上緑化の注意点について

屋上緑化には様々なメリットと、取り入れるときのポイントは色々ありますが、同時に注意点も考えて屋上緑化することが重要です。

注意したい恬として考えたいのが、維持管理になります。

綺麗に緑化された状態を保つためには、メンテナンスが欠かせないものです。日々の水やりだけではなく、植物の健康を保つために肥料をあげたり、エアレーション作業、それに伴うコストなどを考えてから緑化していきます。

屋上緑化と一言で言っても、施工方法や管理方法はいろいろなものがあります。そのため設計する段階で、コストや年間で行う作業などを業者に頼んで見積もりを出してもらってから、自分のニーズにあった方法を選んでいきます。

屋上緑化をすれば、断熱効果により夏は涼しく冬は寒さを防ぐことによって快適に家屋で過ごすことができます。