機械式時計を持っている方は必見!長く愛用できるようにするための手入れ方法を紹介

投稿日: 作成者: admin

きとんと拭いて乾燥した場所に保管する事が重要!

機械式時計は、きちんとメンテナンスをしておけば、長く愛用する事ができます。例えば時計のケースや風防に付着した汚れなどは、メガネを拭く時に使う布を使えば時計にキズを付ける事無くきれいになります。尚、水を使っての手入れはムーブメントなどにサビができてしまい故障の要因になる可能性もあるのでおすすめできません。機械式時計の場合、汗もサビの原因になるので使い終わったらきちんと拭き、乾燥した場所で保管するのが良いでしょう。一方、アクリルでできた風防の時計は、細かいキズが付きやすいと言われています。最適な手入れとしては、歯磨き粉を使って定期的に磨くという方法があります。しかし、ガラス製の風防の場合、反射防止のためのコーティングが剥がれてしまう可能性があるので、適切な手入れ方法とは言えません。

ベルトはその種類によって手入れ方法が異なってくる!

機械式時計に使われているベルト部は、その種類によって手入れ方法も異なってくると言えます。例えば皮製のベルトの場合、低い湿度の中で保管しながらカビの発生を防ぐ事が大切になってきます。そのため、ベルト表面が乾燥していると感じたら、保湿クリームなどを使用するのが良いでしょう。またベルトが複数ある場合は、同じベルトを長く使い続ける事は避け、定期的に取り替える事も大切なポイントです。

一方、金属製のベルトは、使い続けていると垢や皮脂が付着しやすくなります。このような場合は、ベルト部を外してから中性洗剤で洗うのが良いでしょう。

1865年スイスで創業したゼニスは、自社で一貫して製造するマニュファクチュールというコンセプトを時計業界で初めて取り入れたブランドです。